<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジョブ理論 

「ジョブ理論」 クレイトン・M・クリステンセン

 「片づけるべき用事」 JOB TO BE  DONE という言葉に3月ごろであって、ノートにとっていたら、書店で、発見。ジョブ理論。興味があったので、早速、購入。

 どこに興味があったかというと、商品の売れるしくみについて、非常にわかりやすく、私が、目指しているところを説明してくれているからです。

 ある状況下で、顧客が進歩をとげようとしていること、つまり、達成したいと望んでいることを解決するために、誰を雇用して、これを解決するか、と考える理論です。

 それによって、マーケティング4.0にある自己達成、望むべき社会の達成を、このプロダクトを購入(雇用)することで、達成できるという、そのプロダクトがなんであるかを探し出す。いとぐちである。

 イノベーションって、必要ですか?おそらく、皆さん必要だというと思います。でも、本当に必要なのは、イノベーションでなく、片づけるべき用事が解決できるプロダクトです。

 それが生まれた結果、イノベーションが起こっていたとことです。

どんな簡単な問題も手順を間違えると難問になります。つまり、イノベーションを起こさないといけないと考えると、実際、いいアイデア浮かびますか?なかなか、難しく、言うが易し、やるが難しです。でも、反対の方向から、ものごとを進めれば、実際は、やることが明確になり、やれば、何頭の答えは、得られるので、そこから、トライ&エラーでいいものが生まれてくると思います。その、順番をひっくり返せるのが、ジョブ理論です。

 私見ですが、経営をするうえで、①利益の確保できる組織②社員全員自己成長(顧客をいれるか検討中)できる組織③社会から必要とされる組織(社会貢献活動ではない)を柱に考えています。それを統合したうえで、プロダクトを創造できるのが、このジョブ理論の目線です。本書でも紹介がありますが、よくいわれる「2インチの穴をあけるドリルがほしいのでなくて、2インチの穴がほしい」「企業が売れると思ったものを顧客が購入することは、めったいない」という言葉が示すように、その商品がほしいのではなく、問題を解決することが、顧客が真に望んでいることです。そう考えていくと、物売りでなく、コト売りにも通じていくところですので、商品のコンセプトや、キャッチコピーを考える視点が1つ、本書では、レンズといっていますが、手に入る本です。

 


[PR]

by sanko-jyuken | 2017-08-25 12:59 |
『ユダヤ式why思考法』 石角完爾著 

先日、ゴールデンサークルの本を買いにいって、売ってないので、whyに惹かれて買ってしまった。ユダヤ人といえば、タルムード、いつかは、読んでみたいと思っていますが、こちらもなくて、その片鱗でも触れれるかなと思い、交渉上手な技の神髄を感じればと期待。

 著者は、日本人でありながらユダヤ人になった石角完爾、1947年生まれなので、アメリカ型資本主義を追求していた時代の方ですね。日本らしさが、今ほど評価されていな時代の方なのかなと読んでいて感じました。戦後の価値観が喪失した時代を過ごされた方のようです。

 内容は、ユダヤ人は、ディベートするのが、本能、その前提が、「WHY」、正直、私の感覚からするとどうでもいいし、どっちでも好きにして、そこに意味はあるのというレベルまで、するようです。ユダヤ人にいわせれば、メタファーがわかってないことになるのでしょうか?

 ふっと、ユダヤには、13部族いて、そのうち1部族の行方が分からず、失われた部族と呼ばれている人たちがいます。戦争を嫌い、東に安息地を求めて、その部族が、日本に入り、定住したという面白い話があります。今の秦氏とか、天狗とか、その末裔だそうです。

 この本を聞いて、争いが、武力でなく、言葉だったような気がして、ほぼ反対側まで、移るほど、ディベートが嫌い、だったのかなと、思ってしまった。

 日本人とユダヤ人の起源は同じだという説もありますが、イスラエルから日本までの距離を移動する方が、ディベートより、いいと思ったと思うと非常に面白いです。

 起源は、同じでも、真逆、

ノアの箱舟は、ペアじゃないと乗れないということなので、ユダヤ人が乗るときは、日本人と手を取って乗らないと乗れないなと、思っているんですが、それもwhyで返されてしまうので、反論を考えておこう。


[PR]

by sanko-jyuken | 2017-08-14 08:46 |
葉月 ひまわり畑


葉月



 暑さまっさかり、皆様、いかがお過ごしでしょうか?車を運転していても熱中症になるケースもありますので、十分な水分補給気を付けてください。


 


 さて、いきなりですが、昔、大学を卒業が迫っていた時、ふっと、一面のひまわり畑を見たいと思って、ドイツかフランスにあるらしいので、見に行こうかと思案したこともありますが、共感者(一緒に行ってくれる人)がいなくて、断念した思いがありました。


 なんとなく、20年が経ち、休日、妻から「今日予定ある?」と聞かれ、買い物につれだされる(支払い担当として)のかなと、ドキドキしながら、家族サービスと意を決して、「一応あるけど、場合によっては、動かせるよ、どうして?」と、想像を超えた場合に、逃げられるように、返答。


 妻:「ひまわり見に行こう」


 私:「ひまわり?ひまわり畑くらいの量あるの?」


妻:「すごいらしいよ。」


私:「場所どこ?」


妻:「作用」


私の心:


「遠い、何時間かかんねん、連休ならいざしらず、」


     「でも、ひまわりか、、、、」 ここで理性が。


 私:「そしたら、10時には、家出発しないと、お昼に  


つかないね」


 私の心「うまい、会心の言い回し」


 


ということがありまして、兵庫県の作用まで、ひまわりを見にいって来ました。一面ひまわりで、イメージは、丘の上でという感じだったのですが、実際は、畑の中でという、やはり日本という感じでした。ひまわりと日本は、イメージが合わない。でも、中に入ってしまえば、ひまわりしか見えないので、関係なし。また、一角には、世界のひまわりがあり、本当に背の高いものから、小さいものや、ゴッホが描いたものまでありました。


 ひまわりに囲まれて、子供たちの記念撮影タイムや、ひまわりと一緒に太陽に向かって立ってみたりと、心がたくさんの太陽で充電されました。


 毎年やっているようですので、一度、たくさんの太陽に囲まれてみるのはいかがですか?101.png


    





[PR]

by sanko-jyuken | 2017-08-07 11:47 | 休日